読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GO Higher

釣り、キャンプについてが主ですが、とりあえず雑記ブログとして記事アップしてます。。

サーフのNewアイテム「カットバッカー」。ジャッカルからヒラメ用ジグが登場するよ。

釣り ルアー

こんにちは。

にしっぴ〜です。

 

土、日曜日とサーフ釣行に行ってまいりましたが、何事もなく完全試合に終わりました。まだまだ水温も低くベイトっ気すらない状況には、気持ちも萎えてきますね。

それにしてもこんな状況にもかかわらず、休日サーフはものすごい数のアングラーで賑わっています。後から来たアングラーが入る場所すらないくらい、一定間隔で遥か遠くまでビッシリ並んでいます。

関係ない方が見たら、異様な光景でしょうね。改めてヒラメ人気には驚かされます。

そんな状況を知ってか、あのジャッカルからサーフキャスティング用のメタルジグが登場。その名は「カットバッカー」です。

f:id:nishippi:20170305102527p:plain
出典:CUT BACKER|JACKALL

本日はこの新製品についてご紹介します。

コンセプトは「ただ巻きでスローに誘えるメタルジグ」。

このカットバッカーの特徴は、何と言っても軽比重金属(亜鉛)を本体素材に使用しているということです。

通常のメタルジグは鉛素材を使用しますが、その場合比重の影響から飛距離は出るけれど、ある程度のリトリーブでないとしっかりとアクションしないことがあります。また沈みも早くなりがちで、フォールを多用するサーフゲームに於いては、使いにくいジグになります。

このカットバッカーは鉛ではなく軽比重金属を使用することにより、通常のメタルジグ同様に飛距離は当然ぶっ飛びクラス、更にスローリトリーブでもしっかりアクションしますので、ヒラメによりアピールすることができ長く見せることで多くのバイトチャンスを可能にします。

メタルジグに限らず最近のヒラメ専用ルアーは、飛距離を稼ごうと自重を重くすることが主流になっています。飛距離は確かにサーフの釣りに於いては需要なことですが、反面アクション不足に陥っているルアーを多く見かけます。ルアーはしっかりアクションしてこそ、その性能を発揮するものなのです。

このカットバッカーのコンセプト通り、まさにルアーの理想系を具現化したと言えるのではないでしょうか?

カットバッカーの仕様について

f:id:nishippi:20170305110242j:plain
出典:CUT BACKER|JACKALL

ご覧の通り本体はスプーン形状をしていますので、このジグはスプーン特有のペランペランアクションが特徴です。

軽比重ということは同じ重さの鉛ジグよりも当然形状が大きくなりますので、水流をしっかりと受けレスポンスの良いアクションを見せることでしょう。

ただ巻きでもしっかりアピールし、更にストップ&ゴーやリフト&フォールを織りまぜることでフォール中のバイトを誘うことが可能になるのではないでしょうか?

また、本体の後方に重心を置いているとのことですので、当然飛距離が出るはずです。

f:id:nishippi:20170305112633j:plain
出典:CUT BACKER|JACKALL

通常のメタルジグは後方のみフックが付いていますが、このジグは本体中央(腹側)にもフックを搭載しています。

ヒラメは海底から獲物の腹を狙って噛み付いて来ますので、このフック形状は理に叶っていると言えます。また腹側フックにはホログラムテープも付いていますので、さらなるアピールに繋がるはずです。

簡単に仕様をご説明しました。
この製品の詳細な説明がありますので、下記動画をご確認ください。


【ヒラメ釣り】 ジャッカル "カットバッカー" 解説 / DAIGO

メタルジグは使い方がわからないという方がいらっしゃいますが、このカットバッカーならミノーライクな使い方が可能になるのではないかと思います。

サイズは18g、28g、38gと3タイプを取り揃えているようなので、
通うサーフの状況に合わせ選択しましょう。

店頭で見かけたら、僕も購入して使用してみたいと思います。

それでは、また。