読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GO Higher

釣り、キャンプについてが主ですが、とりあえず雑記ブログとして記事アップしてます。。

トランスポーターならオグショー。釣り専用車の理想系がここに。

釣り ギア

こんにちは。

にしっぴ〜です。

 

あなたは休日に釣り遠征へ出かけることがありますか?

車中泊の不便さや貧釣果などに余計疲れを感じたりしていませんか?

もっと快適に遠征を楽しめたら、あなたの釣りライフは素敵なものになるはずです。

そこで今回は、地元ネタであり釣りに限らずアウトドアをこよなく愛するあなたに、
トランスポーターのプロショップ「オグショー」を紹介します。

あなたのアウトドアライフをより快適にする車。まさに走るホテルですね。

地元浜松を拠点に活動する「オグショー」について。

f:id:nishippi:20170305125945p:plain
出典:トランスポーターのプロショップ「オグショー」

オグショーは僕の地元浜松に拠点を構え、トランスポーターの設計、施工、販売を行っています。また、同社が施工した自動車の販売や修理なども併せて行っています。

僕的には、特にトヨタハイエース」や日産「キャラバン」などのカスタムカーに定評があるお店というイメージが強いです。

もともとモトクロスライダーであった代表が、まだトランスポーターというカテゴリーがなかった時代に、「あらゆる道具を積み尚且つ足を伸ばして快適に眠れるベッドを装備した車を作りたい。」と思って製作を始めたのが同社の始まりのようです。

遠方の釣り遠征でも快適に過ごすことができる専用車。

オグショーのトランスポーターの中でも、釣りをされる方へ是非見ていただきたい車がありますのでご紹介させていただきます。

それは磯ヒラスズキで名を馳せるAIMSの橋下景氏が愛用するハイエースです。

f:id:nishippi:20170305135020p:plain
出典:エイムス×オグショー フィッシング仕様トランスポーター

FLシングルフリップベット(AIMS仕様)

2列目以降をフルフラット仕様にでき、尚且つ柔軟にシートアレンジを可能にしています。フルフラット状態で3人ぐらいまでの就寝が可能のようです。

また、シートを分割することでより多くの道具を積むことが可能です。

足を伸ばして寝ることができるため、しっかりと熟睡でき疲れを取ることができます。
遠征が多い方には必需装備と言えますね。

SH床貼り加工

 

防水加工を施した床材を施工することで、海水や雨で濡れた道具をそのまま積み込んでも全く問題ありません。たとえ床がびっしょりになってもウエスなどで拭き取るだけでOKです。この施工は僕のようなズボラな人間にはもってこいの仕様ですね。

ESサイドロッドホルダー

収納式のロッドホルダーを装着可能です。しっかりした作りですので、安心してロッドを掛けておくことができます。またロッドセット部はスポンジになっていますので、ロッドを傷つけることなく、しっかりと固定できます。

FWシート(1,400mm幅成型タイプ)

座り心地、乗り心地を重視した超豪華なソファのようなシートを装着可能です。このシート取り付けた状態でも倒せばフラットシートに早変わりします。

座り心地、乗り心地は遠征時の疲れ方にも影響するのでこの装備は嬉しい限りです。

ウォータヒータ「ハイドロニック」

車両の冷却水回路に組み込むことで、エンジンを掛けることなく車内へ温風を送ることが可能です。冬の遠征時には大変重宝する装備と言えますね。

またオプションのタンクと熱交換機をつけることで温水シャワーを仕様することができます。使用する場所を選びますが、汚れた道具の洗浄や体を洗い疲れた体を癒すことも可能ですね。

本体は社外に取り付けるようなので、車内スペースを犠牲にすることがありません。

紹介はここまでにしますが、まだまだ多くの装備を搭載可能です。

詳しくはオグショーHPやこの動画を確認してください。


AIMS OG Transporter PV

このハイエースに限らず、あらゆるオーナーの要望に応えることが可能です。本気でトランスポーターを考えていらっしゃる方は、まずは問い合わせてみてはいかかですか?

フルオーダーメイドの世界に一つしかない自分だけの専用車を作成することも可能ですよ。

今回は、釣り人の思いを形にする「オグショー」についてお話させていただきました。

それでは、また。